無事に試験を通過した後

講師にどんどん質問しよう

医療系大学に入学したことに満足し、すっかり勉強しなくなる人が見られます。
それでは授業についていけず、必要な知識も得られないので留年する恐れがあります。
医療系大学に合格した後が大事なので、まだゴールを迎えた気持ちにならないでください。
これからたくさん、難しい授業を受けることになります。

わからないことも出てくると思いますが、初めて習うことならわからなくて当たり前です。
わからないことを恥だと思わないでください。
講師に質問すれば、快く解説してくれます。
自分で調べることも勉強になりますが、難しい部分は答えが見つかりにくく、無駄な時間が発生するかもしれません。
また間違った答えを覚えてしまうと大変なので、講師に遠慮せず聞きましょう。

授業についていくためにできること

その日の授業でわからないことがあれば疑問を残さず、すぐに講師へ聞いてください。
後回しにするとそのまま忘れて、前回の授業をわかっていないまま次の授業に進むことになります。
基本的に医療系大学だけでなく受ける全ての授業は繋がっており、どこか1つでもわからなくなると、その後の授業も理解できなくなってしまいます。

理解できないことにならないよう、わからない内容はその日のうちに解決することを意識しましょう。
授業中に質問するとみんなの視線を感じるので、恥ずかしいと思います。
授業が終わった後に、聞きに行っても構いません。
その際は、講師が忙しくしていないタイミングを狙ってください。
また聞いたことは忘れないよう、きちんとノートにまとめましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る